SIM-TELL

格安SIMやモバイル情報をお届け!

Androidって何ぞ?その歴史とiOSとの違いなどを解説!

time 2015/07/21

Androidって何ぞ?その歴史とiOSとの違いなどを解説!

androidって何かわかりますか?

何となく、今のイメージだとiPhone以外のスマートフォンがandroidと呼ばれているように感じますよね?

しかし、それは正確にいうと間違い。

androidとはOSのことです。

 

スポンサーリンク

 

OSというのは、OSとはオペレーション・システムの事で、直訳すると案内システム。つまり端末を動かす基本のソフトウェアです。パソコンに例えればwindowsやMac等です。このOSによって基本的な動作が可能になります。

iPhoneはiOSという独自のOSを使用しており、androidはそのソースをオープンで公開しており、様々なスマートフォンメーカーがコストなく利用できるため、ここまで広く普及してきました。

こうした経緯から、iPhone以外はほぼandroidベースでOSが構成されており、iPhone以外はandroidと呼ばれる現在があるのです。

では、そんなandroidはどのようなサービスを展開しているのでしょうか?

 

android

android(アンドロイド)は、Googleによってスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームです。現在スマートフォンのOSとしては世界No.1のシェアを誇っています。

その始まりはandroidの父と呼ばれるアンディ・ルービン氏が立ち上げたAndroidと言う会社に由来します。

1http://gendai.ismedia.jp/articles/-/19969引用元

 

ルービン氏は、Carl Zeiss AGのソフトウェアエンジニアとしてキャリアをスタートし、1989年にAppleに入社。さすがapple。ここにも絡んでくるのですね。笑
世界的に影響を与えた企業となだけありますね。

ルービン氏はその後、1990年にAppleからスピンオフする形で設立されたGeneral Magicに転職し、Magic Capと呼ばれるOSを搭載した無線機能付きPDA「Motorola Envoy」の開発に携わったという経緯を持ちます。

ルービン氏が立ち上げた会社、Androidは2005年にGoogleに買収されました。その当時はGoogleが独自の端末を販売するのではないかという噂も上がっていました。

 

しかし実際はGoogleはAndroidを無償で配布。これにより一気に普及してGoogleは広告やアプリのサービスを展開するビジネスモデルを確立しました。

Googleが展開しているクラウドサービスと連携・同期などが簡単に行えるため、そうした「窓」としての機能は大きいものがありますが、そういったGoogleのサービスから切り離すようにカスタマイズすることも可能で、中国移動が開発した「OPhone」は、Googleサービスとの連係機能が取り除かれ、代わりに独自開発したサービスを組み込まれたものになっています。

 

アプリ

androidは、そのソースが広く公開されているのも特徴ですが、扱っているアプリに対してもすごく特徴的な点があります。

iPhoneのApp Storeでは、Appleの審査を受けなければアプリは公開できないようにされているのですが、androidでは開発者登録を行えばアプリをすぐに公開ようになっています。

セキュリティの面で問題があるとされていますが、アプリ開発者にとっては一時の熱を一気に吐き出してそれがすぐに公開できるという環境は大きな魅力でしょう。

こうしたサービスを展開しおり、一方appleは慎重に審査を行い、その審査機関などが公開されていないことから開発者の中では不満が大きくなっています。

また、Intentという機能もあります。これは、アプリ間の連携やデータの受け渡しを行う機能であり、こうした機能があるおかげで自分が作成したアプリの一翼を他もアプリが担ってくれるという連携をとることができ、コンテンツが爆発的に拡大していく可能性を常に秘めています。

SEP_327215200714-thumb-815xauto-16089

 

このように、非常にオープンであり、それゆえに世界的に一気にシェアが広がったandroid。android搭載機種が販売された当初は、端末とOSの不具合や、OS自体の質の低さなどからandroidに対するユーザーの不満は非常に大きいものがありました。

しかし、今ではそうした不具合も向上し、ユーザーだけではなく開発者などの目線にも立ったサービスを展開しています。

まあ、でもユーザーにとってはやはりiOSというのは魅力的のようです。というのもandroidユーザーがiOSを使用すると非常にサクサクでその操作性、利便性に驚くということが多々あります。

今後、おそらくそういった面の向上が図られ、成長していくかと思いますが、iOS値は対照的なサービスを展開しているandroid。

 

スポンサーリンク

 

この二者がどのような発展を遂げていくのか楽しみです。

down

コメントする




最近のコメント