SIM-TELL

格安SIMやモバイル情報をお届け!

アプリのプリインストール問題!不要機能1位!中国で訴訟で見直しなるか?

time 2015/07/15

アプリのプリインストール問題!不要機能1位!中国で訴訟で見直しなるか?

携帯端末を購入してまず行うことはなんでしょうか?

まあ、初期設定などは行うかとは思いますが、その後に行ないたい行為として上げられるのが、「プリインストール」アプリの削除ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

どういった都合で入っているのかはわかりませんが、その中には不要なものも多く含まれます。そして、バックで通信などを行って電力を消費させるだけではなく、当然メモリ領域やストレージなどの圧迫もします。

 

うーんいいことないんですよね・・・。

 

2015年にlive doorが行った調査では「必要ないスマホの機能」で見事1位に輝きました。

〈要らないと思うスマホの機能TOP10〉(複数選択)

1位 プリインストールのアプリ 26.5%
2位 音声検索(Siriなど) 25.5%
3位 おサイフケータイ機能 24.5%
3位 音声入力 24.5%
5位 ビデオ通話 22.5%
6位 生体認証(指紋認証など) 18.0%
7位 画面の自動回転 17.0%
7位 大画面(5インチ以上) 17.0%
9位 ワンセグ 15.5%
10位 Bluetooth  12.0%
http://news.livedoor.com/article/detail/10283336/参照

 

まあ、正式に言ったら別に「スマホの機能」と言うわけでもないのですが、初期設定の段階で入っているアプリにうんざりしている人は多いようです。

 

購入して最初に画面を見た際に3ページもずらりとアプリが並んでいたら

はあ・・・・

ってなりますよね。笑

 

もちろん、FacebookやTwitter、YouTube、Google Chromeなどが初期の段階で入っているというのは、インストールする手間が省けるのでありがたいのですが、そういった確実に使用するアプリのラインナップよりも、削除したいと思うアプリの方が圧倒的に多い為、手間暇を考えたら最初から何も入れないでも貰った方が楽です。笑

こうした最初から入っているアプリと言うのは、「システム領域」というところに保存されており、アンイストールできないものも多くあります。

確かに削除することで不具合が生じることもあるため、むげに扱えないものもあります。厄介ですね。

 

そうした削除できないアプリは設定→アプリから「無効化」を選択することができます。

いくら削除や無効化したら危ないアプリがあるからと言っても、ネットで色んな人のレビューを見てみると、かなりのアプリの数が不具合が出ずに「アンインストール」、「無効化」できています。

必要ねえんじゃん!!笑

ストレージ、メモリの消耗、バッテリの消費が増加する可能性があるため、削除、または無効化をしておくことを勧めます。

 

中国では、このプリインストールアプリが多く、しかもアンインストール出来ないために、消費者の絵kんりを侵害しているとして訴訟も起こっているようです。

 

上海市消費者権益保護委員会(上海消保委)のテスト結果によると、Oppoのx9007と

oppo_find_7

 

サムスン電子のSM-N9008Sにて

samsung_galaxy_note3_n9008s_4g_td-lte_smartphone_back_logo

プリインストールするソフトウェアが40種類以上、多くは70種以上あり、そのほとんどがアンインストール出来ないとして、撮影効果の低下、メモリ容量の低下、ソフトウェア異常などをめぐって消費者の権利を侵害しているということで上海消保委が消費者権益保護に関して公益訴訟に踏み切ったそうです。

確かに70種は多いですね。日本で販売されているスマートフォン端末も海外製や中国製もありますので、40種くらいの量は最初から入っていますよね。汗

 

日本のメーカーのスマートフォンは購入したことはないですが、ネットで見る限りやはりプリインストールのアプリは結構あるようですね。

 

スポンサーリンク

 

こうした訴訟などの動きから少しはメーカーに対して抑制効果があればいいのですが。汗

down

コメントする




最近のコメント