SIM-TELL

格安SIMやモバイル情報をお届け!

ドコモ新料金プラン「カケホ―ダイライトプラン」!かけ放題の進化系!

time 2015/10/05

ドコモ新料金プラン「カケホ―ダイライトプラン」!かけ放題の進化系!

キャリアが早くも新料金プランを宣言!

台頭するMVNOの料金設定に対抗した結果かと思います。「かけ放題」に移行したキャリアでしたが、そこがMVNOの現段階の弱点だとわかると、徹底的にそこを突いてきた感じですね。

キャリアも必死な模様( ゚Д゚)

今回はドコモの新料金プランについて紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

「カケホ―ダイライトプラン」

月額
基本使用料
国内
通話料
インターネット
接続料
人数 データ容量 合計
1,700円 1回当たり5分以内は無料
5分を超えた場合30秒/20秒
SPモード・Iモード
300円
個人 200MB
2,000円
4,000円
2GB
3,500円
5,500円
5GB
5,000円
7,000円
8GB
6,700円
8,700円
シェア 10GB
9,500円
11,500円
15GB
12,500円
14,500円
20GB
16,000円
18,000円
30GB
22,500円
24,500円

 

 

月額基本使用料が2,700円で通話し放題というプランはキャリアが横並びで提供した料金プランでした。

そこから一歩進んだ料金プランを提供し始めたのがau。

こうした新料金プランを追いかけて誕生したのがドコモの「カケホーダイライトプラン」。料金設定は他社と同じように1,700円の月額基本使用料で1通話あたり5分以内の通話が無料というサービスです。

ドコモの場合は200MBからデータ通信を選択できるというのが魅力ですが、やはりキャリアのデータ通信は価格が高すぎますね。汗

携帯端末のSIMカードの契約料金は、知れば知るほどいろんなやり方がありますし、これを機にいろんな業者の料金体系を見てみるのもいいかと思います。

通話に強いMVNOだと「もしもシークス」がありますし、「Y!mobile」も魅力。

 

通話に対しては、いろんなアプリで対処するという方法もあります。

 

さらにはキャリアではガラケーを「かけ放題」にして、MVNOではデータ通信のみという組み合わせも可能です。価格設定が安い所で言うと、単純に業界最安値を宣言している「DMM」などがありますし、他には低速で無制限のプランを提供している業者などもあります。

キャリアが今回のような中間をとったようなプランを提供するというのはなかなか珍しいですよね。過去にはデータ通信量によって二段階定額なんて言うプランが流行りましたが、あれを安い価格で済ませるのは結構至難の業でしたので。笑

 

スポンサーリンク

 

今回の時間制限を要した通話無制限の方が、長時間になってしまいそうな通話でも5分以内に切って再度かけなおせばいいですので、まだ実用的かと思います。

down

コメントする




最近のコメント