SIM-TELL

格安SIMやモバイル情報をお届け!

電話無双プラン?格安SIMはNifMoが熱い6つの理由!

time 2015/07/18

電話無双プラン?格安SIMはNifMoが熱い6つの理由!

ニフティが提供しているMVNOであるNifMoが熱いです!

この勢いがあれば、MVNOのシェアでも多数の使用者が利用することになるかもしれません。

何が熱いのか・・・。

詳しくお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

データ通信速度が熱い

こちらのURLで速度を計測しているのですが
http://smaho-dictionary.net/2015/06/mvno-speed-review4/

時間帯 ダウンロード アップロード
12時台 10.81Mbps 2.62Mbps
18時台 10.81Mbps 2.62Mbps
22時台 10.97Mbps 1.37Mbps

計測場所に関しては、東京都日野市。
使用端末はdocomoの場合Galaxy J×2、auの場合LG G Flexとなっています。

NifMoに関しては高速データ通信を提供しており、理論値150Mbpsの速度が出ることになっていますが、一般的にこれはこれはあくまでも理論値であり、ここまでの速度を出すことはできません。

10Mbpsのダウンロードの速度が計測結果に出ていますが、これは一般的なMVNOの中では十分高速の部類に入ります。

実際、上記のURLの記事では多数のMVNOの速度を計測していますが、その中でも昼間の混雑している時間帯などで快適な速度を計測している優良なMVNOとして上げることができるでしょう。

実際、計測地などによってもこの速度は変わってくるため一概には言えないのですが、この速度の結果、時間帯などと比較して十分に快適なデータ通信ができるということは、一般的にあまり表に出てこないNifMoですが、もっと高く評価されてもいいのではないか・・・と思える結果です。

「速度」と時間帯などによる「回線の安定度」はMVNOでは切っても切れない関係。こうした面からもNifMoが熱いと言えます。

 

データ繰り越し

高速データ通信ができる容量が余った場合翌月限定で繰り越せるというのは多くのMVNOで行われてきたサービスです。

NifMoは以前まではこのサービスを展開していませんでしたが、2015年7月から使い切れなかった月のデータ通信プランの通信容量を翌月に繰り越せるというサービスを展開します。

これはプランの変更を申請した場合にも繰り越しは適用されるというサービス。

また一歩、NifMoがユーザーに近づいたと言えるのではないでしょうか。

 

電話かけ放題プラン

VER88_sumafosoushin15145714-thumb-815xauto-17303

キャリアが今一押しているプランは「電話かけ放題プラン」です。これは基本使用料として2700円支払えば、どこの会社の端末にかけても電話料金が無料という電話無双のプランです。

これはMVNOの乱立などもあり、キャリアがMVNOと差別化したプランを提供する上でも意味のあることでした。

というのもMVNOで今のところ電話かけ放題プランを提供している業者はありません。

 

そこに目を付けたNifMoは、電話かけ放題プランを提供しようとしています。

NifMoがこのプランの実現に当たりユーザーに提供しようとしているサービスは一般の電話回線として使用されている回線とは違う回線を使用したIP電話と言うものです。

これは、インターネット回線で通話を行うというものです。

「050Plus」などが今のところ一般手金活用されているIP電話のサービスです。こうしたサービスは普通、一般的な音声通話を行うものよりも音質が乱れるとされています。また、月額使用料として300円程度支払い、8円から10円/30秒おという料金設定で携帯端末に対して通話することが可能です。同じIP電話サービスに加入しているもの同士ならば、無料の場合も多いです。

普通は20円/30秒の通話料金がかかるため、約半額にて通話を行うことが可能になります。

そして、相手に通知されるのは050から始まる番号なのが普通です。そのため、IP電話を使用する際は相手にいつもの電話番号と違う番号でかけるということを事前に伝えておかないと出てくれないという懸念があります。

 

こうしたIP電話を利用して電話無双のプランを提供しようとしているNifMo。

しかし、実際提供されるサービスは上記のような一般的なIP電話サービスではない可能性があります。

NifMoが提供しようとしているサービスはNifMo独自の「NifMoでんわ」というアプリを使って通話を行うようです。

 

現時点ですが、噂されている、またはインタビューなどで語られている内容を取り上げると、NifMoが提供するNifMoでんわでは、NifMoでんわ加入者でなくても無料になるということ。

そして、電話番号も050で始まるものではない可能性もあるようです。もし、通常の番号を相手に通知出来たら、これは非常に画期的になります。または、080でも050でもないような番号になるかもしれませんが。

このようなことがNifMo特有のIP電話サービスになります。そうしたサービスを定額で「電話かけ放題」として売り出すということです。

価格的には、現在キャリアで展開されている「電話かけ放題プラン」の半額程度で定期ようするようですので、1,300円程度で可能になるかもしれません。

 

NifMoバリュープログラム

OZP86_sutaraisupenmottabiz-thumb-815xauto-16015

そして極め付けがこれ。NifMoが提供しているNifMoバリュープログラム。

これはNifMoが提携しているインターネットショップで買い物をしたり、アプリをダウンロードしたりした場合、一定の割合で還元されるというもの。

この還元額を携帯使用料金に使用することが可能なのです。

2015年1月時点でこの還元額は一人当たり400円程度と言う結果が出ています。これは少ないように思うかもしれませんが、NifMoが展開する3GBのデータ通信プランは900円。還元額が月に400円程度とすると携帯使用料金は500円になります。

携帯代金が500円って、もうウハウハですよね。笑

 

おそらく電話かけ放題プランが提供されるようになっても、この還元額は支払代金に当てることが可能になると思います。

一般的に買い物をしているものを、NifMoが提携しているインターネットショップで購入すれば非常に効率の良いお金の使い方になります。

NifMoには「」というサービスがあり、これはNifMoと提携しているネットショップで買い物をしたり、お勧めのアプリをダウンロードすると一定の割合で割引還元が行われる、というものです。

「Yahoo!ショッピング」や「Timberland」や「カメラのキタムラ」「ケーズデンキ」「エディオン」「ヤマダ電機(ヤマダモール)」、「東急ハンズ」「マツキヨ」、「プーマ」「アディダス」「ナイキ」、「紀伊國屋書店」「TSUTAYA」などのネットショッピングサイトが提携しているため、日常的に利用する可能性は高いものがおおいんです。

 

飲食店とも提携

NifMoはこの他にも「NifMo バリュープログラム」を通じて飲食店モニターに応募し、その店舗で食事を済ませてアンケートに答えると、食事代金の一部が還元されるサービスなども展開するようです。還元率は30%~50%と高く設定されているため、どうせ外で食事をするならばちょっと提携先に注意してお店を選べば・・・もうわかりますよね。笑

 

Wi-Fiスポット(BBモバイルポイント)も無料

そして、最後のダメ押しは、スターバックス・マクドナルド・JR駅構内・空港などにあるソフトバンクテレコム株式会社が提供するBBモバイルポイントが提供しているWi-Fiスポットを使用料無料で扱えるということです。

Wi-Fiスポットが多いMVNOであるワイヤレスゲートよりかはスポットの数は少ないですが、こうしたスポットを活用できるというのは非常に嬉しいですね。

 

熱い!

 

スポンサーリンク

 

熱いぞ!NifMo!

down

コメントする




最近のコメント