SIM-TELL

格安SIMやモバイル情報をお届け!

iPhoneとandroidの日本販売初日が対照的すぎる件!

time 2015/07/21

iPhoneとandroidの日本販売初日が対照的すぎる件!

今では、スマートフォンで使用されているOSはiOSかandroidのどちらか・・・と言われるほど市場を圧巻している両者。

これはappleとGoogleの戦いでもあり、その両者が展開している戦略は大きくことなっており、対照的であり非常に面白くいです。

今回は、両者が日本で初めて販売した各々が開発したOSを搭載した端末で比較していきます。

 

スポンサーリンク

 

iPhone3G

iphone_460x305http://japan.cnet.com/news/tech/20374927/参照

iPhoneは初代が2007年に販売されています。しかし、これは通信規格が合わないなどの理由から日本では販売がされませんでした。

日本で初めて販売が行われたのはiPhone3G。二代目のiPhoneですね。

初代iPhoneの発表から約1年経過した2008年6月9日の”WWDC 2008″にてiPhone3Gが発表され、7月11日にソフトバンクから販売されました。

 

こんな風な行列がソフトバンク前に・・・。

かなり大きな話題になりニュースでも取り上げられていましたよね。記憶に新しい方も多いでしょう。この販売などに合わせて、appleストアのサービスも開始されました。

めっちゃ前から並んでる!!

当時はappleは「「iPhoneを取り扱うのは、1ヶ国につき1キャリアのみ」と言う方針を取っており、通信規格の合致や、熱意によって選択されたのがソフトバンクでした。

今でこそ3キャリアがiPhoneの端末を販売して競合しているのが当間ですが、当時は一社独占。こんな行列を作ってくれるなんてソフトバンクはウハウハだったでしょう。

 

そして当時のCMがこれ。

appleらしいシンプルな作りになっており、その機能性も十分伝わるような作りですね。こうした演出は今でも変わらず続いています。まあ、iPhone6のCMに関しては、ちょっとダサいと評判ですが。笑

これが日本で初めてiPhoneが発売された当時。大きな話題であったことがお分かりいただけるでしょうか。

 

android

2014-07-10_14h57_09http://www.docomokeitai.com/docomo/proseries/ht03a.html参照

androidは勘違いしている人も多いかもしれませんが、端末が搭載しているOSの名称です。Googleが開発し、オープンソースとして広く公開していることから採用しているメーカーが圧倒的に多いです。

そんなandroidを日本で始めて搭載した機種が販売されたのは2009年7月10日。iPhone3Gの販売よりも1年程度遅かったのです。そのため、apple社が初代iPhoneをプレゼンした際には、androidの父と呼ばれている開発者のアンディ・ルービン氏は

大変だ、ウチの電話が発表できなくなるぞ
Holy crap, I guess we’re not going to launch that phone.

「Dogfight: How Apple and Google Went to War and Started a Revolution」より

とタクシーの中で嘆いたそうです。そりゃ焦りますよね。汗

 

しかしどうにか販売にこぎつけ、日本で初搭載の機種はNTTドコモから発売された「HT-03A」と言う機種でした。

ついに販売された・・・と言う感じではありましたが、発売日はiPhoneのように行列が販売前から作られるなんて言うことはなく、非常に意味に販売が開始しました。

今でこそスマートフォン搭載OSのトップ2ですが、なぜここまで対照的なのでしょうか。OSのシェアだけを見たらandroidは圧倒的なのに・・・なぜ。

 

これはやはりブランド力なのでしょう。

端末から技術力、OS、そしてデザインまで一貫性があるapple社にはファンが多くいます。

対してandroidのOSは広く公開したことから様々なメーカーに採用され、androidをベースに独自のOSを開発しているメーカーが多数存在します。

広く使用され、技術普及にも貢献し、ユーザー数、採用メーカー数は圧倒的なGoogleのandroidと、徹底的にブランド力が磨かれたapple。

発売当初のandroidは端末とOSの不具合から、かなり使用するのに問題があったというのもあり、そうした部分もandroidがぬるっと始まったというものに拍車をかけたかもしれません。

こうした二社の地位は対極にあり、その戦略は非常に面白いものがあります。

 

両者のスペックはこんな感じ。まあ、Googleが開発したのOSだけなので、端末のスペックを比較してもしょうがないのですが。汗

 

スポンサーリンク

 

しかし、こう見てもそん色ない、いやむしろ勝っているように感じられるiPhone3Gはさすがと言わざるを得ないかもしれません。

2代目iPhone3G HT-03A
OS iOS2.0 Google Android 1.5
CPU ARM 1176JZ(F)-S 412MHz。L2キャッシュ:なし QualcommR MSM7201A(TM) 528MHz
メモリ LPDDR SDRAM 128MB RAM 192MB
ストレージ 8GB, 16GB 512MB
ディスプレイ 3.5インチ(画面縦横比3:2) 3.2インチ
解像度 163ppi 320×480ドット
カメラ 背面:200万画素。動画撮影機能:なし
正面:なし
背面:320万画素CMOSカメラ
正面:なし
バッテリー 1,150mAh 1,340mAh

down

コメントする




最近のコメント