SIM-TELL

格安SIMやモバイル情報をお届け!

SIM講座第8回!MNPって何ぞ?かかる費用の総額は・・・?

time 2015/07/03

SIM講座第8回!MNPって何ぞ?かかる費用の総額は・・・?

 

SIM講座第8回は今後ますます活用する人が多くなるであろうMNPについて紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

MNP

mnp

 

MNPとは(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)の略で 解約手続きをしても、新たに契約した先で同じ電話番号を使用できるというサービスです。

「他社乗り換え」とか言うサービスが流行っていますよね。長年同じキャリアで契約し続けると割引などのサービスを受けられるようになりますが、こうした他社への乗り換えでも素晴らしいサービスを受けることができるようになっています。

携帯電話番号(モバイルナンバー)を持ち運ぶ(ポータビリティ)ということでMNPです。

 

日本では2006年からMNPの制度がスタートしているのですが、意外と知らない人が多いのも事実。やはり日本の携帯電話事情はかなり長い間閉、鎖的のままだったということでしょう。

しかし、ここへきて格安SIMを提供するMVNOが乱立してきたため、MNPによる他社への乗り換えは非常に多くなると思います。

っていうかならないと、競合などによって低下価格化などが実現しないため、期待したいですね。

 

 

流れ

MNPの流れは以下のようになっています。

 

①現在契約している携帯電話会社の携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約受付窓口から申し込みます。

多くの場合、ネットで申請が可能です。

 

②MNP予約番号を受け取る。

この予約番号は2週間の有効期限があります。期限を過ぎた場合、無効となり元々の契約先と契約が続行されます。

 

③MNP予約番号と本人確認書類を持って、新たな契約先へさっそうと赴く。

これもMVNOではネットで済む場合が多いです。しかし、店舗ではない場合は即日で手続きをすませ、SIMカードを受け取ることができないため、郵送で送られてくるのを待たなければいけません。

また、新しい契約先と契約をする場合MNP番号の有効期限が4日~10日程度残ってないとダメという条件があるため注意が必要です。

 

④旧契約先との契約を解除

これは新しい契約先の手続きがすんだら自動で解約となります。

 

⑤完了

 

 

かかる費用

費用

 

MNPはそれなりに厄介な手続きをするらしく、その事務手数料としてお金がかかります。ざっと以下の表のような感じですね。

 

端末代金の残り 例)16GBのiPhone6の場合

3,015円×残りの月数

64GBのiPhone6の場合

3,555円×残りの月数

2年縛り違約金 9,975円
MNP転出手数料 2,100円
新規契約事務手数料 3,150円

 

旧契約先でMNP予約番号を発行してもらい、実際に乗り換えがすんだ場合の手数料として「MNP転出手数料」があります。これは2,100円。

 

そして新規契約先への転入手続きは「新規契約事務手数料」として3,150円かかります。

 

 

他のお金は、余計にかかる場合の費用ですね。

キャリアでは2年経過しての更新月に解約しないと違約金として9,975円かかります。

また、キャリアで2年の分割で端末代を支払っている場合は、解約したことで残った端末代金を支払わなければいけなくなる場合があります。その際の参考価格を表に記載しています。

 

スポンサーリンク

 

以上がMNPと、それに伴う手数料です。

down

コメントする




最近のコメント