SIM-TELL

格安SIMやモバイル情報をお届け!

SIMロック解除とSIMフリースマホと白ロムの違い!

time 2015/07/04

SIMロック解除とSIMフリースマホと白ロムの違い!

大手キャリアのSIMロック解除が2015年5月から義務化されました。
これによって、違うキャリアが提供するSIMカードを使用できるようになり、実質SIMフリースマホになります。

ここで、今後SIMロック解除とSIMフリーの違いというのは、ごっちゃになりがちになってしまうという問題点が出てきそうですので、ここで整理したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

SIMロック解除

lock

 

SIMロック解除は、キャリアで販売している端末に対して行われるものです。
そもそもSIMロックというのは、各キャリアが他のキャリアにユーザーが移行してしまわないように、端末に自社のSIMカードしか使用できない「ロック」をかけているというものです。

キャリアは2年契約することで端末代の割引を適用したりと、これまでユーザーを逃がさないような施策が行ってきましたが、ここへきて総務省が各キャリアの競合を促すという意味でSIMロックの解除を義務化しました。

 

しかし、SIMロック解除が行われるということで、全ての端末が適用されるのかというとそこまで甘くはありません。

キャリアによって対応は異なるのですが、古くに販売した機種や中古ショップなどで購入した端末に対してはサービスを展開しないなど注意点があり、希望者は要確認が必須となっています。

 

また、ネットからの申し込みか、ショップに持ち込んでの申し込みかでかかる費用も変化してきます。SIMロック解除を行うとキャリア側で動作保証しませんが、故障修理対応は受け付けています。

少々面倒な面も多く、SIMロック解除バンザーイ!と単純に喜んでいいものでもないような印象があります。

各キャリアが展開する回線の周波数は異なるため、違うキャリアの回線が使用できるようになっても同キャリアのMVNOなどを使用した方が無難な印象もありますね。

 

また、今回のSIMロック解除の義務化で最も印象的な行動を起こしたのがドコモ。実はドコモは慣用的で、いままでは買ったその場でSIMロック解除してくれてたんですよ。笑

しかし、今回の義務化に当たり、購入してから半年以上経過した機種に限るという発表を行いました。まあ、iPhoneに対してもロック解除が適用されるようになりましたので、当然と言えば当然の対応でしょうが、海外に行く際にSIMロック解除して欲しい人などにとっては、最悪の一手になりましたね。

 

MVNO業界は圧倒的にドコモのシェアが多く、実質ドコモで購入した端末をSIMロック解除する利点というのは今のところ考えられない感じもします。

キャリアの中では、なんだかんだ言ってやはりドコモが最強説。笑

今回のSIMロック解除の義務化と、ソフトバンクのMVNO参入でどのように市場が変化するか注目です。

 

 

SIMフリー

free

 

これまではSIMロック解除について紹介してきましたが、続いてSIMフリー。

SIMフリーは、もともとSIMロックとは無縁の機種のことです。最初からロックはされておらず、どこのキャリアの回線でも使用できます。

最近では初めからSIMフリーを購入し、自由にMVNOで乗り換えられるようにしている人も多いです。最新機種でもSIMフリースマホが販売され始めており、SIMフリースマホ市場が拡大に向かいそうな勢いですね。

一般的にキャリアで購入する価格より安いことが知られていますが、キャリアで購入するような2年契約で実質端末代が0円などと言うあったかサービスはありませんので、自分で負担をすることになります。

 

 

おまけ

このSIMフリーと混同されてしまう場合があるのが「白ロム」。

これはSIMフリーとは全く関係がありませんのでご注意を。白ロムは中古端末に使用される用語で、電話番号などの個人情報が消去されている端末に対して適用される言葉です。

昔は携帯端末に直接個人情報が入力されていましたが、今ではSIMカードに個人情報が入力されているため、実質中古端末は全て白ロムなはずです。

携帯端末に個人場を入力していた領域がロムという名称だったため、その過去を引き継ぎ、このように呼称されているのですね。

ちなみに、中古端末の中には、盗まれて売られた端末や、端末代金が未払いなのに売られた端末なども混ざっており、そういった端末は「赤ロム」と呼称されます。

 

 

スポンサーリンク

 

以上が、SIMロック解除とSIMフリー。今後は全てSIMフリーにしちゃえばいいじゃん、と思いますがキャリアも必死です。自分がどのように携帯電話を使用したいのかを良く見定めて購入することをお勧めします。

down

コメントする




最近のコメント